展覧会のお知らせ

長野かほる 和布を纏う展

2019年3月10日(日)〜 4月7日(日)休廊日 祝日除く月曜日

伝統ある日本の着物は美しい。その素材を生かした長野かほるさんの服は上品でおしゃれで着心地がいい。お手持ちの着物で新しくコートやジャケット、ワンピース等も作ることができます。お気軽にご相談くださいませ。

 

作家在廊日:

 3/20(水)・3/29(金)・4/4(木) 

※展覧会期間中の在廊日に、

お気軽にご相談くださいませ。


常設展示のご紹介

2階は、陶器や漆の作品を展示しています。

また、端午の節句、男の子の初節句の作品も合わせて展示しています。

岩瀬豊 アンティークビーズ&とんぼ玉展

2019年3月16日(土)〜 4月7日(日)休廊日 祝日除く月曜日

古代より2000年以上の歴史を誇るガラスビーズやとんぼ玉。岩瀬さんはそんな美しいアンティークビーズやとんぼ玉でアクセサリーを作っています。どれも時を重ねた風合いと落ち着きのある表情が魅力的です。

 

作家在廊日:3/17(日)、4/7(日)、他


森多佳子 染付のうつわ展

2019年3月16日(土)〜 4月7日(日)休廊日 祝日除く月曜日

森多佳子さんの染付はコバルト色の呉須の濃淡も美しく、どれもやさしい表情をしています。日常気軽に楽しめるうつわ約40点をご紹介いたします。

 

作家在廊日:3/23(土)、 4/7(日)


過去の展覧会

ひなまつり展

---おひなさま/豆皿・豆鉢---

2019年1/27(日)〜2/28(木) 休廊日 祝日除く月曜日

人形作家、陶芸作家、彫刻家が創る個性豊かなおひなさまをご紹介致します。また、陶器、硝子、漆の小皿、豆皿、豆鉢など華やかで春らしい小さなうつわを合わせて展示いたします。

小林裕児 個展

油彩画/テンペラ・ドローイング・オブジェ

2018.12月8日(土) -1月20日(日) 11時―17時 祝日を除く月曜休廊

≪12月27日―1月4日は休廊≫

※12月15日(土) はイベントのため、一般の見学は14時で終了します。

小林裕児と森

 

森の出口近くはポッと明るく見え、木々の間から人里の匂いや、犬の鳴き声、

遠く電車の響きが聞こえて不思議な幻想を浮かび上がらせます。

一人森を歩くのは異界の中を行く緊張があり、出口を見た時に、ふっとそれがほぐれるからでしょうか、

さっき森に入ったばかりなのに何年も前の事のように全てが懐かしくまた新鮮に見えるのです。                

                                    小林裕児


モハン ミルチャンダニ コレクション

『アンティーク絨毯展』

2018年 11/20(火)〜12/2(日)  休廊日 11/26(月)

モハンさんコレクションの「絨毯展」は、今年で6回目の開催となり、毎回魅力的で楽しいアンティーク絨毯をご紹介しています。イラン、トルコ、アフガニスタン、中国、ロシアなど、それぞれの部族や工房で織られた特徴ある作品 ---1800年初期から現代のものまで数多くご紹介致します。

太田信夫 陶展

10/28(日) -11/15(木)   休廊日 月曜日

 

1974年九つ井自家窯設立以来、制作活動を続ける太田信夫さん。ここ数年は人形の作品を数多く手掛けています。今展では、恵比寿さま、大黒さまなど陶の七福神を発表します。また、草花紋や、灰釉の器など日常気軽に使える器も合わせて

展示いたします。

《展示作品》

大黒天・毘沙門天・恵比寿天

寿老人・福禄寿

弁財天・布袋様

菩薩の陶仏

秋草紋のうつわ

(皿・鉢・ゆのみ・カップ他)

干支[亥]

展覧会の様子

はこ展 VII  『食』食物を入れるハコをいろいろ。

2018年9月23日(日)ー10月21日(日)

11時〜17時 休廊日 9/25(火),10/1(月),10/15(月)

 

今回の「はこ展」は、食物を入れる箱をご紹介します。味覚の秋、

お料理やお菓子など盛り込んで楽しんで見てはいかがでしょうか。

 

 

松﨑融    漆塗分楕円二段重、黒漆縞丸箱、朱漆箱・・・

森多佳子   染付兎型陶筥、四方陶箱、染付八角筥・・・

奈良千秋   白磁陶筥、白磁縞蓋物・・・

角井圭子   曲輪漆飯櫃、更紗紋三段重、箔絵弁当箱・・・

藤井慎介   拭漆三段重、漆蓮の葉蓋物・・・

木村久美子  彩色陶箱、三角の陶箱・・・

谷恭子    茶箱一式・・・

杉浦眞    赤絵蓋物、灰釉鉄絵蓋物・・・

特別展示 石井康治手吹ガラス/箸洗い鉢、蓋付コンポート 

 

                                                             他作品


展覧会の様子

私の椅子展 Ⅷ

2018年 7/27(金)〜 9/9(日) 月・火曜日休廊

「木」の椅子は私たちと同じように呼吸しているように思います。

作り手8名がいろいろな考えからものを創り出し、その過程もこだわりもとても興味深い。それぞれの椅子はその佇まいも美しく確かな技術により創り出されて、そのひとつひとつには木を大切に扱う作家の真摯な姿があります。毎日使う椅子、それは座り

心地の良さだけでなく、私たちの日常をより豊かで心地よいものにしてくれるでしょう。

「私の椅子」また、だれかと出会えますように…            山の上ギャラリー 


出品作家

《谷 進一郎》

1973年 工房を開き、創作と注文による家具づくりを始め、グループ展や個展で作品を発表する。2003年 東京国立近代美術館工芸館の「現代の木工家具展」に招待出品する。現在 国画会工芸部会員・信州木工会会長・木工家ネット代表

 

《徳永順男》 

1952年 兵庫県生まれ。 1974年 岩手大学農学部卒業。 無形文化財保持者竹内碧外氏に師事。 1985年 日本工芸会正会員認定。 1990年 兵庫県吉川町に新工房設立。 2002年 太宰府天満宮千百年祭に御神宝「桑木木画棋局」を製作 。2003年 東京国立近代美術館 「現代の木工家具展」に招待出品。

 

《吉野 崇裕》

1958年東京生まれ。22歳より、木工の道に入る。洋家具作家、林二郎に師事、須田賢司の仕事を一年間手伝う。28歳で独立工房を立ち上げる。日本伝統工芸展、日本クラフト展クラフトコンペ高岡、ミラノサローネサテラテ、ハワイウッドショー等、公募展覧会入賞多数 現在チェアーフィッテイングの椅子を中心に製作活動。山梨県富士河口湖在住

 

《迎山直樹》

1982年 上智大学文学部哲学科 中退 1994年 chair maker 『small axe』設立 2009年 TENON 合同会社設立 2014年 IFDA 旭川国際家具デザインコンペティション 「ゴールドリーフ賞」(ST-chair ) 2015年 『グッドデザイン賞 BEST100』・ 特別賞『ものづくりグッドデザイン賞』(ST- chair )日本民藝館展『奨励賞』(T-chair )

 

《デニス ヤング》

1972年 長野県松本市、伝統家具を松本民芸家具にて4年間学ぶ。 1976年 イギリスハイウェッカム、伝統的英国椅子技法の家具   メーカー「スチュワード リンフォード家具」と   「ジャックダットン社」にて2年間 家具職人として従事。 1979年 アメリカ北カルフォルニアに工房設立。1991年 長野県穂高に工房設立。

 

《般若 芳行》

1993年 金沢美術工芸大学 工業デザイン科卒業 三年のメーカー勤務、家具の設計デザインに携わる。その後上松技術専門校にて木工を学ぶ。1998年 長野県木曽にて独立。 現在 年三回(東京、金沢、名古屋)個展を開催している

 

《藤井 慎介》

1968年  静岡県生まれ。1991年  蔵野美術大学造形学部建築学科卒業 6年間の設計業務を経て、長野県松本技術専門学校にて木工を学ぶ。  2000年  静岡県裾野市に工房を構える。  2010年    日本伝統工芸展「日本工芸会新人賞」受賞    各地のギャラリーで個展グループ展を開催。山の上ギャラリーでは2008年より隔年で個展を開催している

 

《谷 恭子》

1976年 学習院大学経済学部卒業。ヒコ・みづのジュエリーカレッジで学ぶ1978年以降 ジュエリーデザイナーとして宝飾メーカー勤務1981年以降 彫金作家桂盛行氏、人間国 宝盛仁氏に師事。日本伝統工芸展出品。2003年 谷工房内でスタジオ KUKU設立、プロデュース・主宰。

展覧会の様子


型絵染 西村朋子の世界

2018年 6/16(土)〜 7/16(月・祝)  祝日除く 月・火曜 休廊

型紙を使って布地の上に防染糊をつけて染める型染めは日本で古くから行われていました。

通常この作業は型彫り、型つけ、染めと、それぞれ専門の人が行います。

美術大学で油絵を学ばれた西村朋子さんは 型染めの伝統に絵画的なセンスを生かし、

自ら下絵を描き、型を彫り、染める、その行程を一貫して一人で行っていました。

大胆で華やかな図柄、美しい色彩と文様は西村さん独自の表現。魅力的な世界を描き出しています。

 

染色芸術に精力的に取り組み、数多くの作品を発表し忙しく活躍していた2000年2月、

展覧会を直前にアトリエで倒れ、そのまま他界。作家として一番輝く時代に生命を絶たれました。 

以来、長い時間をへて、未発表の作品約50点を限定販売いたします。


木漆工芸 松﨑 融展

2018年 6/16(土)〜 7/16(月・祝)  祝日除く 月・火曜 休廊

漆はとても強い衣です。その強さを活かした私らしい美しさをと願いながら、

木を選び、漆を何回も何回も塗り重ね、根来の様に何百年もの時を重ねていけることを

夢見ながら仕事場にいます。ぜひ、手に取り、感触を楽しんでいただければ幸いです。

                                   松﨑 融


展覧会の様子

5月12日(土)〜6月3日(日) 月・火曜日 休廊

竹工芸 高江雅人 バックとかご 展

竹の素材の力強さをそのまま生かした作品、細く、薄く、

竹の柔らかさやしなやかさを生かし丹念に編み込んだ作品。

無心に編んでいるうちに、竹と竹の擦れる音と鼓動が重なり合いリズムが生まれてくる。

私の仕事は竹の生命力を作品に中に編み込んでいくことです。 高江雅人

 

作家在廊予定日:5/26(土)、27(日)


岩瀬 豊 アンティークビーズ&とんぼ玉 展

古代より2000年以上の歴史を誇るガラスビーズやとんぼ玉、

岩瀬さんはそんな美しいアンティークビーズやとんぼ玉を気軽に楽しめるように

オリジナルなデザインでアクセサリーを作っています。

どれも時を重ねた風合いと落ち着きのある表情が魅力的です。

 

作家在廊予定日:5/13(日)、5/26(土)、6/3(日)他


展覧会の様子

彫刻家 三谷 慎 レリーフ展

2018年4月15日(日)〜5月6日(日)11時~17時 祝日除く月・火曜日 休廊

数多くのブロンズ彫刻を手がける三谷慎さん。その傍ら立体とはまた異なる表現のレリーフ作品も常に発表しています、蝋型鋳造独特のあたたかみのある鋳肌を生かし、わずかな起伏に画面の奥行きと深さが表現され、それぞれに三谷慎の魅力ある世界が広がります。今展では、レリーフ約40点の他、気軽な銀製のブローチも併せ展示いたします。ぜひご覧くださいませ。



展覧会の様子



同時開催

森 多佳子 「染付のうつわ」展

杉浦 眞  「赤絵のうつわ」展

長野かほる 「和布を纏う」展

2018年3月17日(土)〜4月8日(日)11時~17時 月・火曜日 休廊

森 多佳子 「染付のうつわ」展

森多佳子さんの染付のうつわは呉須の濃淡も美しく、どれもやさしい表情をしています。長年に渡り、描き続けてる ”うさぎや花”の絵、”青海波”の図柄は 森さんならではの表現。常に進化し、展覧会毎にそれぞれ目を楽しませてくれます。今展では皿や鉢、カップなど新作を含め約50点ご紹介致します。ぜひご覧くださいませ。

作家在廊予定日:3/24(土)3/31(土)、4/8(日)


杉浦眞 「赤絵のうつわ」展

土物に白化粧をした素地や磁器に赤絵で絵を描く。

あたたかみのある作品は、お料理が盛り映えし、

気どらない赤絵の器は、食卓を明るくしてくれます。どれも日々気軽に使っていただきたい器たちです。杉浦さんの作品の中で、今回は赤絵を特集します。ぜひご覧くださいませ。

蓋もの・盛り鉢・小鉢・飯碗・汲出・湯呑・花入 他


長野かほる 「和布を纏う」展

日本の伝統ある着物は染めや織り、色合い、図柄のデザインなど、どれをとっても本当に美しい。その素材を生かした長野さんの服は上品で、さりげないデザインがとてもオシャレ。そのうえ軽くて着心地がいい。今回も素敵な新作を発表します。近年、着物を処分される方が多くいらっしゃいますが、ぜひお手持ちの着物を利用して、新しくジャケットやワンピースなど誂えてみてはいかがでしょうか! お気軽にご相談くださいませ。

作家在廊予定日:3/22(木)、3/28(水)、4/4(水)、4/8


展覧会の様子



入月昇 漆芸展

1月7日(日)〜21日(日) 開館時間:11時〜17時/休廊日:1/15(月)

20年程前に手に入れた欅の銘木で 材となり100年は経つかと思われる。なかなか手を出せずに来たが、体力のあるうちにと挽いて採れる最大の盤にした。透明な暗い杢目を囲む揺れる朱に「金環食」と名づけた。

 

                   入月 昇

 

※作家は、会期中の午後在廊予定です。


展覧会の様子


九つ井

山の上ギャラリーfacebook
山の上ギャラリーfacebook